行政保健師の求人探し

行政保健師の求人探し

現在少子高齢化が問題となっている日本では、医療分野・福祉分野における公的サービスの拡充や質の向上が非常に大きな課題となっています。そのために求められるのは医師や看護師の方の地方格差をなくすことであったり、より多くの方が介護サービスを受けられるシステム作りなどでしょう。

 

母子福祉・老人福祉を司る職業として保健師の方も大きな役割が求められていて、地域住民の健康・福祉に関する悩みを少しでもなくせるよう日々勤務されていいます。役所や保健所で働くこれらの方を、行政保健師と呼ぶこともあります。

 

行政保健師は基本的には都道府県・市区町村の公務員採用試験を通してなるものです。各自治体で保健師として働く方は多い場所でも数百人、政令指定都市であっても100人から200人といったレベルのところが多いです。

 

都道府県全体でみても、東京を別にすれば県全体で行政保健師は数百人、保健所を設置している市を含めて100人ちょっとという県もあります。そのため毎年の採用人数は決して多くありませんし、倍率も地域によって異なりますがかなり高めとなります。

 

他、保健師の資格を生かして非常勤・臨時職員として市区町村の保健センターで働かれる方もいらっしゃいます。
こちらは結構多くの自治体で求人が出されているもので、フルタイム以外の働き方を望んでいる方でも地域によっては働くことができます。とはいえこちらも、常時募集されているかどうかはその地方の需要次第です。

 

保健師の方の転職を支えているサービスは、転職支援サイト以外にはなかなかありません。専門性が高い職種であるためなかなかキャリアプラン形成を手伝ってくれる方がいないのですが、転職コンサルタントの方が在籍しているサイトならその点も安心です。

 

企業保健師・行政保健師・学校保健師それぞれ求められる役割は違いますし、積んでいた方が有利になる経歴も異なります。不安なことがあれば、何なりと転職コンサルタントの方に相談していくといいでしょう。

 

転職支援サイトであれば、待遇や仕事内容・勤務形態などいろいろな条件に沿った求人探しを行うことが可能です。
すぐ転職を考えている方だけでなく、もっと先の転職のために転職支援サイトを活用する方もいらっしゃいます。例えば求人市場の情報収集、自分の市場価値についての診断と転職サイト・エージェントの方にお願いできることはたくさんあります。ベテランの方だけでなく、若手の方も転職サイトを利用する価値はあるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング