保健師の求人募集先の探し方

保健師の求人募集先の探し方

保健師の求人は必ずしも一般に広く公開されているとは限らないため、転職支援サイトを利用して求人募集を探すのが一般的になっています。

 

ただもちろん、役所・保健センターなどの臨時職員の職は各自治体のホームページなどをあたることになります。こういったところは人気も出ますから、求人枠があっという間に埋まってしまうこともよくあります。できるだけまめにチェックを行い、自治体で求人を出していないようであれば求人を出す予定はあるか電話で確認を行うのもいいでしょう。

 

企業保健師などの職は、やはり転職支援サイトが一番情報量をもっていることになります。
ほとんどの一般企業では保健師は全従業員のごく一握り、保健師の採用ということに関して慣れているということはありません。そのため一般企業が保健師の採用を行う時は、転職エージェントを通してエージェントの方によい方をある程度絞り込んでもらうほうが効率がよくなることもあります。もちろん、応募の殺到を避けるためという意味合いもあります。

 

そのため、求人募集はサイトで公開し広く応募者を募るということではなく非公開求人で行うという形が一般的です。採用側としてもミスマッチを極力おさえ、しかも採用にかける時間を少なくすることができます。

 

一方転職希望者の側からしても、この非公開求人に応募できることは大きなチャンスとなります。自分の希望する待遇や勤務条件について相手とじっくり話し合いやすくなりますし、仕事内容などについても詳しく話を聞きやすいです。相手の求めている役割もわかりますから、履歴書や面接でのアピールもしやすくなります。

 

もっと求人を効率的に探すのであれば、複数の転職支援サイトに登録するということも考えられます。転職支援サイトによってカバーしている範囲が異なることも考えられますし、コンサルタントの方のサポートも異なります。一つのサイトでコンサルタントの方のサポートに満足できない場合でも、他のサイトのコンサルタントの方と非常に相性が合うかもしれません。

 

1つ、求人先を見つけた時に是非着目していただきたいのはその仕事内容についてです。求人票で書ける仕事内容は文字数も限られているでしょうし、実際には求人票の仕事以上にいろいろな役割を求められることがあります。できるだけ転職先での仕事内容は詳細に確認しておくようにし、入職後のミスマッチがないようにしておきましょう。この点についてもやはり、コンサルタントの方との打ち合わせが重要になります。

保健師求人サイト人気ランキング