保健師が採用されるための心構え

保健師が採用されるための心構え

保健師の方が就職や転職に臨まれる場合、多くの方が悩まれていることは面接や履歴書に関することです。保健師という仕事でもなぜその企業・法人・組織を選んだのか、どのように活躍していきたいのかを自分の言葉で表現していかなければなりません。どうしてもありきたりな文章に見えてしまう、ピンとこないと感じることも多いようです。

 

新卒の方であれば、今までの業務経験はゼロなので志望動機と将来のビジョンを自分の言葉で表現することが全てになるでしょう。
志望動機にしても将来のビジョンにしても、丸暗記せず自分の言葉で素直に表現したほうが好印象です。そういった質問の中で、採用担当者はその方の保健師という職業に対する思いだけでなくコミュニケーション能力なども図ります。

 

仕事をしていく上でも、健康相談や指導で自分の言葉を用いて相手に意志を伝えなければならない場面は多いです。そういった資質をアピールするためにも、自分の思いをよく整理した状態で伝えられるよう練習しておくことは重要です。

 

転職ということであれば、今までの職歴でもたらしてきた「成果」をアピールしなければなかなか採用には結びつきません。
内容はできるだけ具体的に、数字を示せる成果であればその数字をアピールすることで話に具体性をもたせることができます。

 

そして、その経験や実力を次の職場でどのように生かしていきたいかをPRします。そのことが一番面接で難しい、自分の価値についてのPRにつながります。

 

自分一人で面接の練習をするのは難しいですが、転職支援サイトであれば履歴書の添削や面接対策を行うことも可能です。一番転職支援サイトが得意とするのは非公開求人を含めた魅力的な職場の紹介ですが、その他にもあらゆる形で転職者をサポートすることができます。

 

面接対策の前段階として、キャリアプランを作るといったことにもエージェントの方が相談にのってくれます。すぐに転職をしようという方でなくても、転職支援サイトは多くの手助けをしてくれることでしょう。

 

時には転職のタイミングをもっと後にし、経験や資格を得てから転職に臨むことが採用につながることもあります。評価される経歴を得ることができれば、キャリアアップや年収アップができる可能性も一層高くなります。

 

もちろんそれだけ採用を勝ち取れる可能性も高くなるわけですから、時にはじっくり構える気持ちも大切です。半年、1年といった長い期間をかけて理想の転職を実現される方もたくさんいらっしゃいます。

保健師求人サイト人気ランキング