新卒保健師の職探しのポイント

新卒保健師の職探しのポイント

新卒保健師の方は、いろいろな働き方があるとは思いますが基本的には公務員試験を受けるか民間で採用されるかに二分されるでしょう。
公務員試験にしても市区町村・都道府県で難易度や倍率は違いますし、保健師の方であれば学校保健師への道を模索することも考えられます。

 

企業が新卒保健師の方を求めることもあります。企業保健師でもやはり、若いうちからその企業の雰囲気などに慣れてもらうことで長年にわたって活躍してもらえるというのは企業にとってありがたいものです。

 

保健師という立場は企業の中でかなり特別な立ち位置で、新卒や新卒から間もない若い立場でありながら上司の方にアドバイスをすることもあります。企業の中であらゆる職種の方の健康相談を受け、時には年上の方に健康指導を行っていく立場ともなります。高いコミュニケーション能力が求められることは、間違いありません。

 

企業保健師でも、現場中心の企業であれば看護師としての経験を買われることもあるため新卒の方より既卒の方が求められることがあります。新卒の方の場合、デスクワーク中心の企業で健康管理に携わる社員として求められることのほうが多いでしょう。

 

健康診断をまとめたりするだけでなく、職場全体の健康・衛生管理や対策を担う非常にやりがいのある職業となります。最近はうつ病などを患う社員をケアすることも企業の役目として考えられていますから、メンタルケアについても勉強していかなければなりません。

 

保健師の方が職場を探す際には、保健師の方向けに運営されている転職支援サイトが大いに役立つことと思います。
仕事内容などについても詳しく調べることができますし、要所でコンサルタントの方からアドバイスを受けることができます。

 

もちろん、自分一人ではなかなか探すことが難しい保健師の求人案件を見つけ出すことも可能になります。特に保健師の求人は非公開扱いとされていることも多く、満足いく求人を見つけるには転職エージェントを通さなければなかなかたいへんな状況です。

 

保健師という特殊な職業は経験が非常にものをいうものですが、新卒の若い方でも保健師として活躍なさっている方は多数いらっしゃいます。企業保健師として・学校保健師として・行政保健師としていずれの働き口を選ぶにしても、後悔のないよう情報収集とスキルアップは行っておいて損はありません。これからは保健師の方の業務内容もより幅広くなり、若い方の活躍も期待されることになるはずです。

保健師求人サイト人気ランキング